ウサギの毛球症 | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

ウサギの毛球症

ブログ

ウサギの毛球症

2016年04月22日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:ブログ

1460359405946

暖かくなってくるこの時期、換毛と言い、毛が生え換わることによる脱毛が多くなります。

毛づくろいで抜けた毛を一緒に飲み込んでしまい、消化管内に毛球ができてしまうことを毛球症と言います。
症状としては、食欲低下や糞便の変化等がみられます。

便は量が少なくなったり、サイズが小ぶりになったり、形が変化したりします。

毛を含み、連なったような便をすることもあります。

benben2

 

悪化すると完全に消化管の閉塞を起こしてしまい、命に関わる事になります。
そうならないために、日々のブラッシングで余分な抜け毛を取ってあげる事が大切です。

image1 [40409]

毎日のスキンシップでブラッシングも丁寧にしてあげて、換毛期も何事もなく過ごしたいですね!