サバンナモニター 腫瘍 | 横浜市南区 上大岡キルシェ動物病院 夜間診療 日曜祝日診療 弘明寺駅近

サバンナモニター 腫瘍

爬虫類

サバンナモニター 腫瘍

2018年10月03日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:爬虫類 症例紹介 腫瘍

サバンナモニター、4歳1か月齢の女の子の症例です。

2週間前からの元気食欲消失を主訴に来院されました。

来院時、腹部の明らかな膨満と激しい脱水の指標である、強い眼の窪みを認めました。

 

 

画像検査にて、腹腔内に大きな腫瘤と液体の存在を認めました。

腹水の抜去を行い、腹水の細胞検査を行ったところ、悪性腫瘍を疑う細胞が認められたため、腫瘍を摘出する手術を行う事になりました。

気管挿管を行い、吸入麻酔管理下のもと開腹を行いました。

腹腔内の腫瘍はかなり大きく、卵巣由来のものであると判断しました。

 

血管系を結紮、シーリングを行い、摘出しました。

 

3.7kgだった体重が2.5kgになりました。腫瘍重量は1.05kgでした。

術後の栄養管理のため、経咽喉頭胃カテーテルを装着し、終刀しました。

術後はカテーテルからの給餌や点滴により、良好な回復がみられました。

摘出した腫瘍の病理検査結果は、卵巣顆粒膜細胞腫という悪性腫瘍でした。

爬虫類での報告はないため、どういう経過を追っていくのかが未知ですが、現在は経過良好で、軽くなったお腹が楽そうです。

 

定期的に画像検査を行い、再発や転移をモニターしていきます。