ハムスター 後肢腫瘍 手術 | 横浜市南区 上大岡キルシェ動物病院 夜間診療 ブルーライン 弘明寺駅近

ハムスター 後肢腫瘍 手術

ハムスター

ハムスター 後肢腫瘍 手術

2019年08月11日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:ハムスター 症例紹介 腫瘍

ジャンガリアンハムスター、1歳7か月の女の子の症例です。

左後肢に腫瘤があるとのことで来院されました。

検査において悪性腫瘍が疑われたため、飼い主様と相談の上、外科的摘出を行うこととなりました。

  

皮膚や筋肉に固着が見られたものの、後肢を温存しての摘出に成功しました。

 

その後、術後1週間で抜糸を行い、2週間後のチェックでは皮膚は綺麗に癒合していました。

 

病理組織検査において、摘出された腫瘤は「乳腺癌」と診断されました。

幸いにも、腫瘍は完全に摘出されておりました。

現在は何不自由なく後肢を動かせており、局所再発も認められていません。

今後は転移と再発に注意して経過を追っていく予定です。