犬 チワワ 気管虚脱 呼吸困難 | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

犬 チワワ 気管虚脱 呼吸困難

呼吸器

犬 チワワ 気管虚脱 呼吸困難

2016年05月14日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:呼吸器 症例紹介

2歳、チワワの男の子の症例です。

1歳の頃から呼吸困難の症状があり、チアノーゼ症状が出てしまい、ご家族が命の危険を感じるほどの病状を繰り返していました。

夜も呼吸が苦しいために、安眠することができないほどの状態でした。

来院時も、呼吸困難を呈しており、受付と同時に酸素室に入らないといけないような状態でした。

 

 

X線検査にて、頸部から胸部にかけての気管が完全につぶれてしまっており、空気が通るにはかなり厳しい状況であることがわかりました。

0430① 0430① - コピー

 

0430② 0430② - コピー

 

 

そこで、外科手術により、つぶれてしまっている気管を拡げることになりました。

気管の外周にはめこんだインプラントに、気管を縫い付け、つぶれてしまっている気管を外部から引っ張りあげ、虚脱した気管を拡げる手術です。

thumb_IMG_6507_1024

このインプラントとして使用したPLLPです。

術後すぐに呼吸状態が改善し、スムーズな呼吸が可能になりました。

0430③ 0430③ - コピー

0430④ 0430④ - コピー

 

安心して眠ることができるようになりました。