ハムスター 頬袋脱  | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

ハムスター 頬袋脱 

ハムスター

ハムスター 頬袋脱 

2016年05月30日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:ハムスター 症例紹介

ジャンガリアンハムスター、1歳半の男の子の症例です。

頬袋が反転、脱出してしまった状態でご来院されました。

約一ヶ月の経過があり、頬袋粘膜は一部で壊死、一部に腫瘤を伴っていました。

0530①

全身麻酔下にて、頬袋粘膜の壊死部、腫瘤部の切除を行うことになりました。

0530②

反転粘膜の根元を結紮し、壊死部と腫瘤部を切除し、結紮部を元の位置に戻しました。

0530③

0530④

麻酔覚醒後、すぐに自分からシロップを飲んでくれたので安心です。

頬袋は粘液肉腫という腫瘍でした。

術後は頬袋の反転脱出は起きず、経過良好です。

今後は腫瘍の再発がないことを祈りながら、経過観察をしていきます。