犬 チワワ 気管虚脱 咳 | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

犬 チワワ 気管虚脱 咳

呼吸器

犬 チワワ 気管虚脱 咳

2016年06月03日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:呼吸器 症例紹介

チワワ、10歳の男の子の症例です。

1年前より発作性に咳をしていました。

興奮時や飲水時にむせ、それが咳へとつながる様子で、咳込みが続くと呼吸が困難になるほどでした。

気管支拡張薬、抗生剤の内服で咳は落ち着いていましたが、経過確認のX線検査にて、頚部気管の狭小化に進行が見られはじめました。

0603① 0603②

そこで、PLLP(気管外プロテーゼ)を用いた頚部気管虚脱整復手術を行いました。

0603 3術中所見では、頸部気管全域にわたる気管虚脱が認められました。

0603 4PLLP装着後、気管の整復が完了しました。

術直後から呼吸状態良好、発咳もなく、症状の改善を認めましたが、

X線検査画像所見では、気管が拡張しきらず、部分的に虚脱が残りました。(下図)

0603③0603④

 

その後、時間経過とともに、気管が徐々に拡張してきました。(下図)

0603⑤0603⑥

 

術後一カ月半のX線検査にて、完全に拡張した気管が確認できました。(下図)

症状を消失しており、経過良好です。

0603⑦0603⑧

 

今回は高齢で、気管虚脱状態が慢性的長期的に持続していた経過があるため、整復した気管が拡張しきるのに時間がかかったものと推察しております。