猫 脾臓 肥満細胞腫 | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

猫 脾臓 肥満細胞腫

猫 脾臓 肥満細胞腫

2016年06月28日 投稿者:スタッフ

カテゴリー: 症例紹介 腫瘍

日本猫、16歳の男の子の症例です。

元気、食欲がなく、嘔吐が続いているという主訴で来院されました。

身体検査にて中腹部に大きな塊を触知され、画像検査にて、脾臓であることを確認しました。

症状、検査所見から、肥満細胞腫という悪性腫瘍と判断しました。

kr

高齢による麻酔のリスクは高いものでしたが、腫瘍摘出後の症状改善の可能性を考慮し、外科手術を行うことになりました。

開腹後、全体を確認してから、腫大した脾臓を摘出しました。

DSC02120

DSC02123

周術期を通し、麻酔の状態は良好でした。

 

術後は嘔吐が治まり、徐々に食欲が改善したことにより体重も戻ってきました。

経過は良好です。