犬 会陰ヘルニア | 横浜市南区 上大岡キルシェ動物病院 夜間診療 ブルーライン 弘明寺駅近

犬 会陰ヘルニア

Uncategorized

犬 会陰ヘルニア

2020年04月19日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:Uncategorized 消化器 症例紹介

犬、ミックス(チワワ×トイプードル)、10歳、未去勢の男の子の症例です。

排便困難、食欲不振、嘔吐を主訴に来院されました。

身体検査にて肛門周囲に膨隆部位が認められ、特に肛門左側の膨隆が重度で、肛門が右側に変位していました。

種々の検査から、肛門周囲の膨隆は、男性ホルモンの影響などで肛門周囲の筋肉が萎縮することで、腹腔内の臓器が体外に脱出してしまう会陰ヘルニアという疾患であることが判明しました。

飼い主様とご相談の上、ヘルニアの外科的整復と去勢手術を行うことになりました。

まず去勢手術を行い、続いて、会陰部に脱出した結腸を腹腔内に引き戻し、腹壁に固定する結腸固定術を行いました。

    

その後、会陰ヘルニアの整復を行いました。ポリプロピレン製のメッシュを使用し、ヘルニア孔を整復しました。

    

術直後から良好な排便状態が得られ、その後も順調な経過を追えております。