猫 交通事故 横隔膜ヘルニア | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

猫 交通事故 横隔膜ヘルニア

猫 交通事故 横隔膜ヘルニア

2016年04月06日 投稿者:スタッフ

カテゴリー: 症例紹介

5歳、日本猫の男の子の症例です。

右後肢の跛行を主訴に来院されました。

後肢の異常以外にも、全身のいたるところに傷があり、呼吸も荒い様子でした。

レントゲン検査、エコー検査にて、横隔膜ヘルニア、股関節脱臼と診断しました。

おそらく交通事故にあったと考えられます。

01

02

03

その日のうちに緊急手術を行いました。

開腹すると、胸部と腹部の境目である横隔膜がやぶれてしまい、腹部にあるはずの肝臓、胃が胸腔内に入り込んでしまい、肺が広がれなくなってしまっていました。

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

 

胃は捻転を起こし、拡張してしまっていたので、胃の内容物を除去し、肝臓、胃を腹腔内に戻し、横隔膜を整復しました。

胸腔内に気胸予防として排液チューブを設置し、手術を終刀しました。

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

 

 

07

術後、次の日からご飯をもりもり食べ、順調な回復をみせてくれました。