フェレット 異物誤食 | 横浜南区 上大岡キルシェ動物病院 日曜祝日診療 夜間診療 弘明寺駅近

フェレット 異物誤食

フェレット

フェレット 異物誤食

2016年04月22日 投稿者:スタッフ

カテゴリー:フェレット 症例紹介

フェレット、1歳7ヶ月齢の男の子の症例です。

嘔吐を繰り返しているとのことで来院されました。

腹部の触診では中腹部の張っている消化管が触知できましたので、年齢から異物の誤食を疑い、検査を進めたところ、エコー検査にて、小腸内に異物が閉塞していることがわかりました。

0422①

0422②

0422③

閉塞物を除去する手術をすることになりました。

開腹すると、すぐに拡張した消化管があらわれました。

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

空腸部に明らかな閉塞部分をみつけ、その部位を切開し、異物を取り除きました。

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

閉塞部位の腸は状態が良いと判断できましたので、切開部位を縫合し、終刀しました。

※こちらをクリニックすると術中の画像が表示されます。ご注意下さい※

閉塞物はスポンジでした。
スポンジを飲んでしまう子は多い印象があります。

0422⑧
術後すぐに元気を取り戻し、経過良好です。

2歳までの若いフェレットは異物を誤食してしまうことが非常に多いです。
拾い食いをしてしまう癖がある子は気を付けましょう。