犬 橈尺骨骨折整復 骨折 | 上大岡キルシェ動物病院

犬 橈尺骨骨折整復 骨折

整形外科

犬 橈尺骨骨折整復 骨折

2020年12月14日 投稿者:staff

カテゴリー:整形外科 症例紹介

トイ・プードル、10ヵ月齢、男の子の症例です。

段差から落ちてから右前肢がつけないとのことで来院されました。

患肢は全く接地できず、強い痛みと腫れがありました。

レントゲン検査にて右前肢橈尺骨の骨折を認めました。

  

ロッキングプレート( Synthes LCP:Locking Compression Plate System)を用いて骨折の整復固定を行いました。

手術後数日で痛みは緩和され足がつけるようになってくれました。

固定器具の破損や骨折の回復程度を定期的にチェックし、段階的に固定器具を除去していきました。

 

約3ヵ月で完全に除去し、2週間程度の安静の後、治療卒業となりました。

今では全く問題なく走り回ることができています。

小型犬ではちょっとした力で骨折が生じることがあるため、普段から段差や遊びには注意が必要です。